2010年8月29日日曜日

原子力艇世界 TOP 10  Top 10 Nuclear Powered Military Machines

原子力艇世界 TOP 10  ゆっくりご覧あれ!!

Nuclear powered machines can stay under water for decades or can stay over it for even longer, without ever needing for refueling any soon. The only military vision left unfulfilled would be of a nuclear-powered aircraft because of the problems related to shielding of the crew from radiations. Nevertheless, aircraft carriers and submarines are big enough to do that effectively. Today, we take a look at the world’s top 10 nuclear-powered military machines.


No 10. 093型原子力潜水艦  Type 093 Shang class

093型原子力潜水艦とは、中国海軍の原子力潜水艦である。NATOコードは商(シャン)級原潜。旧式化した091型原子力潜水艦の後継として開発された攻撃型原潜である。ロシアから技術を導入して静粛性の高いものを目指し、ヴィクター級原子力潜水艦及びロサンゼルス級原子力潜水艦と同等の静粛性になっていると言われている。2004年に2隻が進水した。2007年になると、この艦の発展型である晋型原子力潜水艦が航海している様子が撮影され、本艦が実戦配備されている可能性が濃厚となった。また、2007年8月には、中国の軍の公式雑誌「現代艦船」で写真が公開され、同時に技術的課題が解決され、2006年の12月に一番艦が就役(配備)したと伝えた。商級の就役については「世界の艦船」2008年2月号で詳細が記されている。それによれば、当初は非常にヴィクター級に近い艦型が予想されていたが、外見上はロサンゼルス級に近い艦型になっている。
The Type 093 are the PLA(People’s Liberation Army, China) Navy’s second-generation nuclear-powered attack submarines. To date, only two boats have been launched while many are under construction or planned. A total of 6-8 boats of the class are planned.







No 9. 原子力潜水艦 ル・テリブル  Le Terrible (S619)

ル・テリブル(フランス語:Le Terrible, S 619)は、フランス海軍の原子力潜水艦。ル・トリオンファン級原子力潜水艦の4番艦。艦名は戦慄を意味するフランス語から。この名を受け継いだ艦としては17代目にあたる。「ル・テリブル」は、DCNSシェルブール工廠で2000年10月24日に起工、2008年3月21日進水、2010年に就役の予定。就役後はロング島基地に配備される予定。
French Navy’s strategic nuclear submarine, Le Terrible (S619) was launched in 2008. It can carry a crew of 101 people. Weird name though; “terrible”.





Le Terrible SSBN


ル・テリブル (原子力潜水艦)詳細



No 8. トラファルガー級原子力潜水艦タービュレント  HMS Turbulent (S87)

トラファルガー級原子力潜水艦 (Trafalgar class submarine) は、イギリス海軍の攻撃型原子力潜水艦。基本的に対潜任務に用いられているが、対艦攻撃や対地攻撃も可能。設計はスウィフトシュア級原子力潜水艦を元に、吸音タイルの利用やポンプジェット推進(タービュレント以降)の導入といった幾つかの改良が施されている。就役は1983年から1991年にかけて行われた。本艦級最後の1隻は2022年まで運用される予定である。
She is a Trafalgar class submarine of the Royal Navy. After being commissioned in 1984 she went through her modernization and first nuclear refuel in 1997. She took part in Iraq war and returned home in 2003 after firing 30 Tomahawk cruise missiles.





Trafalgar Class Submarine


トラファルガー級原子力潜水艦詳細



No 7. 原子力潜水艦ニェールパ  K-152 Nerpa

アクラ型原子力潜水艦(-がたげんしりょくせんすいかん Akula class submarine)は、ソヴィエト/ロシア海軍の攻撃型原子力潜水艦である。アクラ型はNATOコードネームであり、ソ連海軍の計画名は971型潜水艦(シチューカB)(Подводные лодки проекта 971 "щука-в")である。


Launched in 2008, The K-152 Nerpa is Russia’s nuclear-powered attack submarine of the Akula II class. She entered into service with the Russian Navy in 2009. Its construction was delayed for about a decade due to lack of funding.The K-152 Nerpa met an accident in 2008 when a fire suppression system discharged gas in the bow of the sub, killing 20 sailors and injuring several.





Accident Nerpa 09/11/08


アクラ型原子力潜水艦詳細



No 6. ミズーリ (原子力潜水艦)  USS Missouri (SSN-780)

ミズーリ (PCU Missouri, SSN-780) は、アメリカ海軍の攻撃型原子力潜水艦。バージニア級原子力潜水艦の7番艦。艦名はミズーリ州に因む。その名を持つ艦としては5隻目。ミズーリの建造は2003年8月14日にコネチカット州グロトンのジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に発注され、2008年9月27日に起工した。ミズーリは2010年に海上公試を行い、2011年の就役を予定している。

It is the seventh ship of the Virginia-class nuclear powered submarines. It is obviously named after a US state. It was built by the Electric Boat Division of General Dynamics Corporation. Missouri’s sponsor is Becky Gates, who is the wife of Secretary of Defense Robert Gates. It was commissioned on 31st of July, 2010. Watch the commissioning of USS Missouri below.





Navy's newest Attack Submarine - USS Missouri (SSN 780) Commissioning


ミズーリ (原子力潜水艦)詳細



No 5. アスチュート級原子力潜水艦  HMS Astute (S119)

アスチュート級原子力潜水艦 (Astute class submarine) は、イギリス海軍の次世代攻撃型原子力潜水艦。当初は本艦級の建造によりスウィフトシュア級原子力潜水艦を代替する予定であったが、計画が遅れたためスウィフトシュア級は先に退役し、トラファルガー級原子力潜水艦を代替する予定である。就役は2010年から順次開始される予定。本艦級は潜水艦戦闘システム(SMCS,submarine combat system)を発展させたアステュート戦闘管理システム(ACMS,astute combat management system)を搭載してセンサーからの情報を複合的に活用できる。また、各種ミサイルと魚雷を有し、対潜任務、対艦任務、対地任務のいずれにも対応できる能力を有するとされる。ヴァンガード級原子力潜水艦の支援任務にも利用される予定。


The lead ship of her class of nuclear-powered Fleet submarines, the HMS Astute (S119) was launched in 2007. She is planned to be commissioned in late 2010 and is said to be one of the most ’advanced submarines in the world’ when commissioned. It will have a capacity of 109 personnel.





astute submarine


アスチュート級原子力潜水艦詳細



No 4. 原子力水上艦シャルル・ド・ゴール  Charles de Gaulle (R91)

シャルル・ド・ゴール (Porte-avions Charles de Gaulle, R 91) は、フランス海軍の10番目の航空母艦であり、フランス海軍初の原子力水上艦。アメリカ海軍以外では唯一の原子力空母である。フランス海軍旗艦。地中海側のトゥーロン軍港を母港とする。推定建造費170億フラン(約26億ユーロ)。

The first French nuclear-powered surface vessel, Charles de Gaulle (R91) is the only serving French aircraft carrier. She is also the only nuclear-powered carrier outside the US Navy, apart from being the flagship of the French Navy. Its construction started in 1989 and she was finally commissioned in 2001, 5 years later than the original deadline.





French aircraft carrier Charles De Gaulle


シャルル・ド・ゴール (空母)詳細



No 3. 原子力戦艦ピョートル・ヴェリーキー Pyotr Velikiy

ピョートル・ヴェリーキー、ピョートル大帝(ロシア語:Пётр Великийガングート)は、ロシア帝国がバルト艦隊向けに建造した前弩級戦艦である。艦名は、ロシア帝国の初代皇帝ピョートル1世を讃えたもの。ロシア帝国海軍では、モニター艦、装甲艦、艦隊装甲艦、練習船などに分類された。ロシア最初の航洋型装甲艦として有名。

Wrongly assumed to be a battle cruiser due to her massive size, the Pyotr Velikiy, also known as Peter the Great, is one of Russia’s top of the line nuclear-powered heavy missile cruiser. She was commissioned in 1996, ten years after the construction had started, due to many economic strains. She is the flagship of the Northern fleet. Pyotr Velikiy along with the Russian missile cruiser Moskva is due to arrive in Russia’s Far Eastern port of Vladivostok to take part in the Vostok-2010 large-scale strategic exercise







ピョートル・ヴェリーキー (戦艦)詳細



No 2. 原子力航空母艦エンタープライズ USS Enterprise (CVN-65)

エンタープライズ (USS Enterprise, CVAN/CVN-65) は、アメリカ海軍の航空母艦。世界初の原子力空母。その名を持つ艦としては8隻目である。同型艦はない。2006年現在バージニア州ノーフォークを母港としている。世界初の原子力空母であるため、原子炉は低出力なものとなり、合計8基もの原子炉を搭載することになった。エンタープライズの艦種分類番号は当初 CVA(N)-65 とされた( 'N' は原子力の意)が、その後 CVN-65に変更された。艦は先代のエンタープライズ (USS Enterprise, CV-6) と同じく「ビッグE 」の愛称で呼ばれる。

It is the world’s first nuclear-powered aircraft carrier. The USS Enterprise (CVN-65) is the longest naval vessel and the 11th heaviest in the world. It cost $451.3 million. It is the second oldest vessel still in commission in the United States Navy. It is expected to remain in service until 2013, when it would have completed 51 years of continuous service, which is the longest for any aircraft carrier in US Navy’s history.The carrier provided air support for Operation Iraqi Freedom in 2004 and when United States launched air attacks against Al Qaeda training camps and Taliban military installations in Afghanistan apart from being involved in numerous other operations





USS Enterprise Flight Ops




  

空母エンタープライズ詳細






No 1. 原子力航空母艦ニミッツ USS Nimitz (CVN-68)

ニミッツ (USS Nimitz, CVN-68) は、アメリカ海軍の航空母艦。ニミッツ級航空母艦のネームシップ。艦名はチェスター・ニミッツ海軍元帥(元太平洋艦隊司令長官、元海軍作戦部長)に因んで命名された。映画『ファイナル・カウントダウン』に出演したことで有名である。原子炉は2基搭載。
Powered by two nuclear reactors, the USS Nimitz (CVN-68) is one of the largest warships in the world. It was ordered in 1967 and commissioned in 1975. Nicknamed “Old Salt”, it was most recently involved in Operation Iraqi Freedom and Operation Enduring Freedom. Nimitz was awarded the Navy Battle “E” for battle efficiency for 2007






USS Nimitz (CVN 68)




  

ニミッツ級空母詳細   source   ブログパーツ

0 件のコメント:

コメントを投稿