2010年8月12日木曜日

「銃」と「薔薇」 Guns and Roses by Guido Mocafico

今回紹介させていただく作品はすべてグゥイド・モカフィコの作品でありますが「ガン」シリーズと「薔薇」シリーズ別々のシリーズを融合させて創り上げたものだそうですが「ガン」と「薔薇」、「技術」と「自然」、「戦争」と「愛」、「恐怖」と「喜び」、自然と人類の結びつきを模索しているということを感じとれるのではないでしょうか。
*〈Guido Mocafico(グゥイド・モカフィコ)〉1962年、スイス生まれのイタリア人フォトグラファー(Still Lifeの専門家)。ロンドン、パリを活動拠点に、ファッション誌や企業広告の分野で活躍中。アーティストとしても有名で、写真展「万物の肖像」や3冊セットの写真集「Venenum」を出版するなど精力的。クライアントには、BULGARI、DIOR、GUCCI、HERMES、HARRY WINSTON、YVES SAINT LAURENT等、メジャーブランドの名が並ぶ。


Guns & Roses unites two bodies of work by Guido Mocafico. His ‘Guns’ series was completed between 2006 - 2008, while ‘Roses’ was shot in 2009. The combination of the two series is intended to raise parallels like: technology versus nature, war versus love, and fear versus pleasure. However both series explore mankind’s intervention with nature.





Desert Eagle


Beretta M9




Colt 45 Peacemaker


AK 47 Commando




HK MP5 A3


Smith & Wesson 44 Magnum




Walter PPK


Colt Government Model




Glock 17


Luger P08




M16 A2


M4



  

source   Guido Mocafico   ブログパーツ

0 件のコメント:

コメントを投稿