2010年8月19日木曜日

サスペンス映画の神様ヒッチコック Greatest Film Director Ever

サー・アルフレッド・ジョウゼフ・ヒッチコック(Sir Alfred Joseph Hitchcock, KBE, 1899年8月13日 - 1980年4月29日)は、イギリスの映画監督、映画プロデューサー。1939年からはおもにアメリカで活躍した。スリラー映画で成功し、製作・脚本・編集・美術も手がけた。サスペンス映画の神様とも称される。

How many film directors do you know about ? If you watch movies then you’d surely know some famous film directors. But who do you think is the GREATEST FILM DIRECTOR OF ALL TIMES ? Many names will be spinning in your mind but don’t get confused. SIR ALFRED HITCHCOCK is considered to be the greatest film director of all times.


暗殺者の家  /  The Man Who Knew Too Much 1934

バルカン超特急  /  The Lady Vanishes 1938

 
レベッカ  /  Rebecca 1940

疑惑の影  /  Shadow Of A Doubt 1943


白い恐怖  /  Spellbound 1945


1976年の『ファミリー・プロット』が彼の遺作となった。バーバラ・ハリス演じるインチキ霊媒師と、ブルース・ダーン演じる彼女の恋人であるタクシードライバーが、犯罪に巻き込まれるという内容であった。監督業への意欲は一向に衰えず、記者会見で「引退はいつですか?」と聞かれると「上映終了後」と答えたと言う。逆にそうした創作意欲の強さが、弱って行く一方の自分の肉体に対して自暴自棄な気持ちを持たせ、付き添いの看護師の目を盗んでコニャックをガブ飲みしたこともあったという。ヒッチコックは1980年1月3日にエリザベス2世よりナイトの称号を授けられたが、ちょうどその4ヶ月後に腎不全を起こし、ロサンゼルスで死去した。遺体は火葬に付された

Despite of the fact that film industry has progressed a lot and there has been enormous development in the technology and effects used in the movies today, HITCHCOCK remains on top with his BRILLIANCE. You see more and more movies with blistering action and amazing special effects. Also the cameras used today are very advanced which can give you scenes with ULTRA SLOW MOTION and hence touch your heart. Bottom line is that today, the directors have more facilities and equipment with which they can fascinate the viewers.

ロープ  /  Rope 1948


見知らぬ乗客  /  Strangers On A Train 1951

ダイヤルMを廻せ  /  Dial M For Murder 1954


裏窓  /  Rear Window 1954

知りすぎていた男  /  The Man Who Knew Too Much 1956

間違えられた男  /  The Wrong Man 1956


めまい / Vertigo 1958


北北西に進路をとれ /  North By Northwest 1959


サイコ  /  Psycho 1960

ヒッチコックは特にフランスの若い映画監督達から支持された。ヒッチコックは「ヌーヴェルヴァーグの神様」と呼ばれ、クロード・シャブロルやジャン=リュック・ゴダールらに崇拝され、なかでもフランソワ・トリュフォーはヒッチコックを意識したと云う『黒衣の花嫁』を撮ったり、ロングインタビューを敢行し『映画術』のタイトルで出版した。ヒッチコックの作品は非常に高度な映画技法を駆使して作られており、際立った演出手腕を持った映画監督と言える。その映像テクニックは技術本位ではなくあくまで演出上必要であるからこそ使われ、結果的に絶大な効果を上げている。自分の作品のどこかにほんの一瞬だけ必ず姿を出すことで知られる(後姿やシルエットだけのこともある)。もともとこれは、初期の頃予算不足のためエキストラを満足に雇えず、やむなく出演していたという単純な理由だった。しかし恰幅の良い容貌で目立つためファンが探すようになってしまい、いつの間にか恒例になったものだという。理由はともかく、そのおかげでファンは作品がどんなにスリリングで手に汗握るものであれ、監督がいつ画面に登場するかを心待ちにするという稀有な楽しみを与えられた。しかし後年はこの「お遊び」があまりに有名になってしまったため、観客が映画に集中できるよう、ヒッチコックはなるべく映画の冒頭に近いところで顔を見せるように心がけていた。

But imagine the era when SIR ALFRED HITCHCOCK made a lot of awesome movies only with the help of his mind and no technology or advanced cameras or special effects or stuff like that. It was his direction or in other words his mind that presented the movie in such a brilliant way that even today his movies are considered more popular than the super hits of modern age. Take IMDB for instance. You see many HITCHCOCK movies in the TOP250 list and they’ve got really good ratings. I put IMDB here because the list provided by IMDB is made by users opinion and not by critics. So it shows the popularity of HITCHCOCK in the viewers and not among critics and I consider this popularity more important than any other.






  

wikipedia   ブログパーツ

0 件のコメント:

コメントを投稿