2010年8月4日水曜日

パルクールと忍者は共通項を感じられる。 Superb Parkour

パルクール(Parkour,PK)(移動の芸術) とは、特別な道具を使うことなく効率的に障害物を越えることを目的としたフランス発祥のスポーツである。ただし、パルクールを芸術やパフォーマンスアート、「移動するための技術」とする考え方もあり、確固とした定義はされていない。パルクールは特別な道具を使わず自らの肉体だけで障害を跳び越え、攀じ登り、またその上から飛び降りながら移動する移動技術体系である。その性質上エクストリームスポーツに分類されることが多い。しかし、パルクールは「The Art of Movement」、「l'art du deplacement」とも呼ばれ、エクストリームスポーツではないという考え方も存在する。また、スポーツや哲学などの幅広い側面を持っている。ただし、パルクールにおけるスポーツという言葉は競技性を含まない。パルクールにおける障害物は壁やレールなど人工物が多く、その練習は主に都市部で行われる。パルクールの実践者はトレーサー (traceur) と呼ばれる。パルクールをする前には入念な準備運動やイメージトレーニングが必要とされる。またパルクールを始めてまもない時にいきなり高度な技術にチャレンジすることはとても危険であり場合によっては死に至る可能性も否定できない。よって初心者は安全な技からチャレンジしていき、だんだんと上達していくのが好ましい。



パルクールは人工または自然の障害によって動きが途切れることなく、効率的に移動することを目的としている。 その動きには走る、跳ぶ、登る、そしてより複雑なものが含まれる。またフリップと呼ばれる宙返りやその他のアクロバット的なトリックを移動中に行うこともあるが、これはパルクール本来の「効率的に移動する」という考えからは外れているため、フリップやアクロバティックな動きなど非効率的な技を含む場合はパルクールとは言わずフリーランニングという。

Superb parkour



  

wikipedia

0 件のコメント:

コメントを投稿