2010年5月12日水曜日

母の日が過ぎて今思うこと

母の愛は海より大きく深いといいますね、親しみをこめて「かあさん」「お袋」(おふくろ)「かあちゃん」「おかん」などといろいろ呼ばれます。その言葉を口にする、もしくは聞いて不快に思う人はいるでしょうか?言葉や文化が違っても「母」とは「愛」の象徴であることには変わりがないはずです。




地域においてなやみごとの相談相手になって一種のカリスマ的存在になった占い師などを「~の母」と呼ぶことがある。寮などで食事や管理を主体的に任された女性を「寮母」と呼ぶ。王妃や皇后のことを「国母」と呼ぶことがある。などなど~あらためて母の偉大さを感じる母の日を過ぎた今日でした。



























































1 件のコメント:

  1. 母子の写真、どれもかわいいですが、ラストのサイ親子の後ろ姿、なんてかわいい〜んでしょう♪
    素敵なお写真を、どうもありがとうございました!

    返信削除