2012年1月18日水曜日

ソフィア・ローレン レア画像 Rare Pictures of Sophia Loren

イタリアの首都であるローマで、ロミーダ・ヴィラーニとリカルド・シコローネの間に生まれた内縁の子であった。幼少時はナポリ近郊のポッツオーリで貧困の中成長し、1950年代初頭にヨーロッパ映画に端役として出演した。その当時の名前はソフィア・ラッツアーロであった。彼女は後の夫となるカルロ・ポンティに見いだされ、彼の制作する多くの映画に出演した。彼女の初期の主演作の1つは1953年の『Due notti con Cleopatra』であった。同作は他の初期主演作と同様に、彼女の肉感的な体を強調した作品であった。さらに幾つかの作品にはトップレスで出演した。それらの作品は当時のヨーロッパでは受け入れられたが、イギリスやアメリカではそのような場面はカットされた。彼女は1951年にハリウッドの超大作『クオ・ヴァディス』に端役で出演したが、1957年の『島の女』が公開されると彼女は国際的スターと見なされるようになった。この作品において、彼女の水に濡れて体のラインが浮き立つシーンは象徴的であった。彼女はその初期のハリウッド作品『楡の木蔭の欲望』(ユージン・オニールの演劇)、『月夜の出来事』(ケーリー・グラントとのロマンティック・コメディ)、『黒い蘭』(アンソニー・クインとのロマンチック・ドラマ)でセックスシンボルとしてだけではなく、演技力と喜劇的な実力をも証明した。ケーリー・グラントとは恋愛関係にあったことを、のちに発表した自伝『生きて愛して』で公表した。

Sophia Loren was born Sofia Villani Scicolone on September 20, 1934, in a poverty-stricken part of Rome, Italy. Her father, Riccardo Scicolone, refused to marry her mother, Romilda Villani, but allowed Sofia and her younger sister Maria to take his surname. Loren began her career portraying sexy vamps in the pages of Italian photo mags known as fumetti. This fiery bombshell burned up the silver screen to become the epitome of the European sexpot. Her full lips and hourglass physique did to men what Pamela Anderson did in the ’90s.




1960年代までに、ソフィアは世界で最も人気のある女優のうちの1人としてハリウッドとヨーロッパの両方で作品に出演した。1960年の『ふたりの女』でアカデミー主演女優賞を受賞。同年公開の『求むハズ』では共演のピーター・セラーズとのロマンスが報じられた(彼女は否定している)。この作品のプロモーションでソフィアとセラーズは共にアルバムをレコーディングした。ソフィアは喜劇王チャーリー・チャップリンの最後の監督作品『伯爵夫人』に出演したことがあり、マーロン・ブランドと夢の共演を実現した。この作品は、チャップリンが、赤狩りによってハリウッド及びアメリカから追放された後の作品で、イギリスで製作、公開されたがあまり知られていない。
長い間、妻のいるカルロ・ポンティとは不倫の間柄だったが、彼の離婚が成立した1972年に正式に結婚した。指揮者のカルロ・ポンティ・ジュニアと、結婚後に生まれた映画台本作家兼監督のエドアルド・ポンティの2人の息子がいる。ポンティの脱税容疑事件の後、ジュネーヴに在住。事件でイタリア当局に没収されていたポンティ所有の絵画を、遺産として取り戻すとして裁判を起こした。
1996年、イタリア共和国功労勲章(カヴァリエーレ・ディ・グラン・クローチェ)を受章。
2006年、トリノオリンピックの開会式でオリンピック旗を掲揚する際の旗手を務めた。
SSCナポリの熱心なサポーターである。セリエA昇格が期待される2007年には「ナポリが昇格したらストリップショーを開いてもいい」と発言した。

Loren started out as an extra in Italian movies in the early 1950s, and went on to receive some of the international film industry’s most prestigious awards. When she was just 23, she took the Best Actress prize at both the Venice and Cannes Film Festivals for The Black Orchid. She also became the first person ever to win an acting Oscar for a foreign language film (a feat that would not be repeated until Roberto Benigni’s win for Life Is Beautiful in 1998). If any more proof is needed, Loren placed sixth in Play..boy’s 100 Sexiest Women Of The Century feature.


































    


wikipedia    source    ブログパーツ

0 件のコメント:

コメントを投稿