2012年1月16日月曜日

シャム双生児の涙 Double The Tears- “Siamese” Twins

結合双生児(けつごうそうせいじ)とは、体が結合している双生児のことである。シャム双生児とも呼ばれるが、シャムに結合双生児が多いからというのは全くの俗説であり、これは有名な結合双生児の興業名「The Siamese Twins」を語源としている。

一卵性双生児の発生において、通常、受精後およそ10日以内に受精卵が分裂した場合は完全に分離した双生児が発生するが、受精後13日目以降に分裂が起きた場合、原始結節や原始線条の部分的な分離によって結合体が生じる。結合部位により胸結合体、殿結合体、頭蓋結合体などが分類される。グースコイド (Goosecoid) のような遺伝子の発現異常が原因となることもある。生命維持に必要な器官が共有されていない場合に限り、外科的に分離することが出来る。ただし、脳や心臓などの非常に重要な臓器が結合している2人を分離して両者が生存した例もある。またイギリスでは「分離しなければすぐに2人とも死ぬ」として「片方を殺さなければ分離出来ない」双子の分離が認められたこともある。同性以外の結合双生児や、3人以上の結合児は確認されていない。通常の分娩が行われることは稀で、現在では大半が帝王切開によって出生する。
結合双生児は、およそ5万〜20万出生あたり1組程度の割合で発生するといわれる。中東およびアフリカではより発生率が高いといわれるが、正確・確実な統計は無く、推計の域を出ていない。1970-1977年に行われたアメリカの大規模調査では出生7,903,000件に対し81組(出生10万に対し約1.025組の割合)であった。

Conjoined twins occur in roughly 1 in every 200 identical twin pregnancies and are always identical. Actual numbers for conjoined births vary from 1 in 20,000 to 1 in 100,000 pregnancies, and 40-60% are stillborn, with many others dying within the first few days after birth. About 70% of conjoined twins are female, the reason for which is unknown. Separation has been attempted on almost all conjoined twins born since the 1950s with varying results, although the first successful separation was performed in Basel, Switzerland in 1689 on twin girls born joined by a ligament at the sternum . The first conjoined twins to be successfully separated in “modern” times are generally believed to be Catherine and Caroline Mouton of Louisiana, born joined at the lower back and separated in 1953 at 8 days of age. Both survived the operation, but Catherine committed suicide in 1985. The most famous pair of conjoined twins was Chang and Eng Bunker, Thai brothers born in Siam, now Thailand. They traveled with P.T. Barnum’s circus for many years and were billed as the Siamese Twins.


























    


wikipedia    source    ブログパーツ

0 件のコメント:

コメントを投稿