2012年1月19日木曜日

コスタ・コンコルディア号事故の衛星画像  Capsized Cruise Ship Costa Concordia from Space

コスタ・フォーチュナ級の全長を延ばした拡大改良型でカーニバル・クルーズ・ラインのコンクェスト級(cf. カーニバル・コンクェスト)とほぼ同型となるコンコルディア級の1番船として、2006年6月30日、イタリアのフィンカンティエリ社のセストリ・ポネンテ工場で竣工した。船価は5億6,500万ドル(当時の日本円で約650億円)。同年7月7日にチヴィタヴェッキアで行われた命名式にて、ファッションモデルで女優のエヴァ・ハーツィゴヴァによって命名され、同月9日より就航した。イタリア中部はトスカーナ州の西に広がるティレニア海に浮かぶジリオ島(イーゾラ・デル・ジリオ)のジリオ港沖 500m地点(北緯42度21分53秒、東経10度55分16秒)で、2012年1月13日(金曜日)、現地時間で午後8時ごろ、乗客・乗員約4,230名を乗せたまま、暗礁に乗り上げて座礁し、浸水・転覆した。17日時点で乗客5名・乗員1名の死亡が確認され、乗客・乗員の行方不明者は29名となっている。
超大型客船コスタ・コンコルディアの大きさは衛星画像をご覧頂けるとお分かりだと思います。

In this startling satellite image by DigitalGlobe, the capsized cruise ship Costa Concordia can be seen near the island of Giglio in Italy on January 17, 2012. As of today, search has been suspended after the ship slipped. Twenty-three people are still missing and 11 and confirmed dead after the ship crashed into rocks on Friday.Captain Francesco Schettino is under house arrest, accused of causing the crash. Prosecutors have also accused him of fleeing the Costa Concordia before evacuation was complete. The ship, carrying 4,200 passengers and crew, had its hull ripped open when it hit rocks late on Friday, just hours into a Mediterranean cruise.


wikipedia    source

0 件のコメント:

コメントを投稿