2012年1月25日水曜日

生きている本物の金魚にしか見えません! Incredible 3D Sculptural Art Painted Layer by Layer [Video]

マスのなかに一匹の金魚がいる。動いていないので剥製か、それとも樹脂かなにかで作った立体を封じ込めたのかな、と思う。ところが実はこの金魚、絵なのである。マスのなかに高透明のエポキシ樹脂を流し込み、その上に金魚の絵を描いて、さらに透明樹脂を流し込む手法。金魚の描写が圧倒的に巧いので、あたかも立体の金魚を封じ込めたように見える。作者の深堀隆介さんは、横浜市在住の美術作家。2002年にこの技法を編み出し、以来、ずっとこの技法で制作を続けている。

Japanese artist Riusuke Fukahori creates incredible three-dimensional artwork by applying acrylic paint on multiple layers of transparent liquid resin. The resin is mixed with a hardener or catalyst, allowing Riusuke to paint each successive layer (similar to a 3D printer), eventually creating a ‘sculptural painting’ that can be viewed at various angles and vantage points. The time-consuming technique gives his work incredible depth and realism.



















    


source1    source2    fukahori official site    ブログパーツ

0 件のコメント:

コメントを投稿