2010年6月27日日曜日

後方気流が体感できる空港! Saint Martin Airport

セント・マーチン島ランドサット衛星写真セント・マーチン島(仏:サン・マルタン島(Saint Martin)、蘭:シント・マールテン島(Sint Maarten))は、カリブ海は小アンティル諸島のリーワード諸島にある島で、フランス領の北部とオランダ領の南部に分割されており、英名でフランス領側はフレンチ・サイド (French Side)、オランダ領側はダッチ・サイド (Dutch Side) とも表して呼ばれているが、現地では基本的に島名でも使っている、サン・マルタンがフランス領側の北部で、シント・マールテンがオランダ領側の南部と領域の呼び名で表現して表している。なお、フランス語と同綴りの「セント・マーチン島」は英語名である。 海岸は出入りが多く、山地が島の中央から南に延びており最高峰はフランス領側にあるピク・パラディ(424m)。フランス領側のサン・マルタンの周囲にはティンタマール島などの小島も含む。フランスの領土とオランダの領土が地続きで接しているのは、世界でここだけである。セント・マーチン島の面積は88Km²で、フランス領側のサン・マルタン(フレンチ・サイド)は54km²、人口は31,397人、中心地はマリゴである。オランダ領側のシント・マールテン(ダッチ・サイド)は34km²、人口は35,000人で中心地はフィリップスブルフである。

Saint Martin is an island with around 87 Km2 of area, located in the Caribbean’s. In spite of its small size, it is shared by two nations, the Northern part belonging to France and the southern section belonging to the Netherlands. It is therefore called Sint Maarten, in Dutch. But these geographical peculiarities are not what makes this island special, but rather its famous Princess Juliana International Airport, known as SXM, on its Dutch side. This airport, aside from being used by large-scale airplanes, also has... a beach





島内に空港は2つある。フランス領側サン・マルタン(フレンチ・サイド)のグランケース・エスペランサ飛行場とオランダ領側シント・マールテン(ダッチ・サイド)のプリンセス・ジュリアナ国際空港である。両空港ではプリンセス・ジュリアナ国際空港の規模が大きい。この空港は、1943年アメリカ軍の飛行場として建設されたのが始まり。隣接しているマホ・ビーチは飛行機が通過するコースの直下に位置し、また滑走路端にも位置しているため、飛行機の超低空飛行を間近で見られる場所として有名である。また、飛行機が離陸する際の「後方気流」が体感できるが、1日10回程度離陸する大型飛行機の「後方気流」は大変危険であり、「気をつけないと死にますよ」という意味の看板が立っている。

Landings at this airport are unforgettable and frightening, especially if you happen to be on the beach. Out of the blue, beach-goers are likely to be surprised by a deafening sound and by powerful winds that shake the waters. At the same time, a colossal silhouette blocks the sun and passes through at only a few meters from the ground. Immediately after, a huge plane, such as a Boeing 747 Jumbo or an Airbus A340-300 touches the runway. Those who had been previously warned may have captured it all on a movie or a photograph. In only a few seconds it will all be over.





wikipedia   

0 件のコメント:

コメントを投稿