2010年6月8日火曜日

石田 徹也(いしだ てつや、1973年6月16日 - 2005年5月23日)画家 Surrealistic paintings by Tetsuya Ishida.

石田 徹也(いしだ てつや、1973年6月16日 - 2005年5月23日)は日本の画家。静岡県焼津市出身。地元の静岡県立焼津中央高等学校を経て1996年、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。SLやビニール袋、便器などといった日常生活で使用するものと一体化した青年を題材とすることが多く、日常生活に潜む不安や現代社会への風刺を超現実的に描いている。なお、題材としている青年はほとんどが同じような顔をしており、作家本人と似ているため自画像だろうと思われることが多いが、本人は否定している。精力的な活動をしていたが、2005年5月に突然、踏切事故で死去した(自殺の疑いもある)。
The surrealistic paintings of Tetsuya Ishida (1973-2005) explore the dark side of modern life.



死後も人気は衰えず、2006年11月にクリスティーズが香港で開催したオークション『アジアの現代美術』に Lot. 496 として出品された『無題』(2001年)は、クリスティーズの事前落札予想価格6万 - 8万香港ドルをはるかに上回る78万香港ドル(約1200万円)で落札された。2009年、遺族が紺綬褒章を授与される。

























  



pink tentacle   tetsuya ishida official   

0 件のコメント:

コメントを投稿