2010年7月29日木曜日

奇形なるこどもたち・・・   too much fingers and snake tongue have boys

突然変異は生物学用語で、奇形は一般に用いられる言葉です。突然変異のうち、人間の主観によって、奇異なものと判断された個体が「奇形」と呼ばれます。これは人間の主観ですから、対象によっても、また見る人間によっても判断が異なります。たとえば金魚には尾びれが二枚ある品種があります。これを誰も奇形とはいいませんが、錦鯉で同様の二枚尾が出てくると奇形と呼ばれます。
これからご覧に入れる方たちは奇形の部類に入るのではないでしょうか。




中国北東部の大慶に13歳になる少年の舌が蛇の舌みたいに先が割れているのです。

The young boy from Daqing, northeast China, was born with a snake-like tongue that branches out close to its tip, allowing him to use it as a tool for clipping various things. So far he hasn’t found a proper use for it, apart from using it to entertain family and friends, but who knows when his snake tongue will come in handy. If you’ve always dreamed of having a tongue like that of Xiao Xin, all you have to do is go to a body-mod shop and they’ll fix you right up.











やはりこちらも中国なんですがなんと手、足の指あわせて31本もあるのです。

Well, this kid has a little more then you. Total 31! Nature just play around sometimes. I hope they will have opportunity for an operation…


















0 件のコメント:

コメントを投稿