2010年7月7日水曜日

タイプライターもオーケストラでは楽器です。 Amazing Typewriter Orchestra Song

ルロイ(リロイ)・アンダーソン(Leroy Anderson, 1908年6月29日 - 1975年5月18日)はアメリカの作曲家です。軽い曲調の管弦楽曲で知られほとんどの作品はアーサー・フィードラーの指揮するボストン・ポップス・オーケストラによって紹介されました。作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評しています。このルロイ・アンダーソンの作品でThe Typewriter「タイプライター」 - 1950年という作品があります。タイプライターの打鍵の音を楽器として使っています。「忙しい仕事の場面」のBGMによく使われ忙しい様子を表しています。実際にタイプライターを楽器として使っている様子をご覧ください。 It isn’t everyday that you get to witness a Typewriter being used as a musical instrument in an orchestra ensemble, but lucky you…today’s the day!




The Typewriter Leroy Anderson Martin Breinschmid with Strauß Festival Orchestra Vienna



  

Leroy Anderson

0 件のコメント:

コメントを投稿