2010年4月5日月曜日

死刑台のエレベーター ( 1958 )

エレベーターで思い出したのですがこんな映画ありましたねw
電話で愛を語り合う男女。ジュリアン・タベルニエはフロランス・カララの夫が社長を務める会社の社員で、フロランスと恋人関係にあった。ジュリアンは、フロランスの夫を自殺に見せかけて殺す。一旦は会社を出た彼だが、証拠隠滅のため再び会社に戻る。ところが運悪く、ジュリアンはエレベーターに閉じこめられてしまう。約束の時間を過ぎても来ないジュリアンを心配し、夜のパリをさまようフロランス。ジュリアンに憧れる花屋、その恋人にも焦点を当てながら、物語は思わぬ方向に進んでいく。
このフロランスことジャンヌ・モローがいいですね夜のパリをさまようシーンがありましたので
貼っておきますね因みにBGMのトランペットはマイルス・デイヴィスの即興演奏です。

wiki

0 件のコメント:

コメントを投稿