2012年3月5日月曜日

驚愕の無人兵器! Incredible Unmanned Weapons [Video]

UAV(Unmanned Air Vehicle : 無人航空機 )
UAVは無人飛翔体或いは無人航空機と呼称される遠隔操縦又は高性能コンピューターを搭載し自律飛行を行う無人の航空機である。 民間・軍用ともにUAVと呼ばれるが米国国防省防衛高等研究計画局(DARPA)と防航空偵察局(DARO)はCIAと共同で空からの偵察任務を有人機に代わって行う無人偵察機の開発と導入を目指した「ティア計画」を推進し目的別に中高度・高高度用の偵察用UAVを開発している。これらはURAVと呼ばれ敵性領域を3次元的に偵察行為が出来る事から、空軍のみならず陸軍・海軍・海兵隊でも導入され、世界各国の諸軍隊でもURAVによる偵察が主流となりつつある。 UAVは有人偵察機とは違い低コストで運用が可能で、その特性を活かして長距離・長時間の滞空能力でリアルタイムの偵察活動を行う為、昼間用CCD内臓TVカメラ・FLIR(前方監視用赤外線装置)・TE-SAR(戦術滞空合成開口レーダー)等を搭載し目標領域の偵察監視活動を行う。

These machines are extremely effective on the field of battle--all without a human presence. That is, not inside them--instead, they are piloted remotely from hundreds or even thousands of miles away!


ファントム・レイ    Boeing Phantom Ray
ファントム・レイ (Phantom Ray) は、米ボーイング社が自社開発中の戦闘型無人航空機 (UCAV, unmanned combat air vehicle, uninhabited combat aerial vehicle) である。本機は偵察や、対地攻撃、自律空中給油任務を含むテスト飛行計画を実施するための、ほぼ戦闘機の大きさのデモンストレーション用航空機である。

This stealth developmental aircraft could determine the future of unmanned combat air vehicles. Still undergoing modifications, it looks as though the Phantom Ray is getting fine-tuned for all out war! It can cover a distance of 2400 km and cruise at 40,000 ft at Mach 0.8 speeds. Designed mainly for test flights, this beast is the size of a fighter jet and will teach its engineers a lot about the capabilities of unmanned stealth aircraft.




MQ-8 ファイアスカウト    MQ-8 Fire Scout
ノースロップ・グラマン MQ-8 ファイアスカウト(Fire Scout,英語で火力偵察兵の意)は、ノースロップ・グラマン社がアメリカ海軍向けに開発した偵察、戦場認識、ターゲティングの支援を任務とする無人航空機である。有人機を原型にして開発された機体であり、初期型のRQ-8Aはシュワイザー330、改良型のMQ-8Bはシュワイザー333が原型になっている。

This unmanned vertical landing and take-off helicopter is a near-perfect weapon for the US Air Force and Navy. It's extremely stable and can land on a ship while braving wind speeds of upto 45 km/h. It can be operated from distances of over 270 km and can fly at an altitude of 20,000 feet while carrying a 1,400-kilo load that is slated to include missiles, smart bombs, and other weapons.While the Americans are still tweaking and developing this unmanned monster, it is slated to become one of the most potent weapons in their arsenal.




MQ-1C ウォーリア    MQ-1C Grey Eagle
アメリカ陸軍は2002年にERMPUAVのコンペディションを行い、その勝者をMQ-5 ハンターの後継とすることを決定した。コンペディションにはMQ-5のアップグレード型と MQ-1 プレデター の改良型であるウォーリアの2機が参加していたが、2005年8月、アメリカ陸軍はウォーリアが勝者であると発表し、システム開発とデモンストレーションのために2億1400万ドルの契約を行った。アメリカ陸軍は11のウォーリアシステムを調達する予定で、それぞれのユニットは12機のUAVと5つの地上誘導ステーションで構成されている。予想される総費用は10億ドルで、2009年にはウォーリアの配備が開始される予定になっている。

The United States Army has been using this Extended-Range Multi-Purpose (ERMP) unmanned aerial vehicle since 2009. It has even been used in war situations in Iraq since 2010 and has proved to be quite effective so far. It can pack up to 4 AGM-114 Hellfire missiles and can go on for 30 hours at a stretch! It definitely gives the Americans a big edge in combat situations too by providing real-time surveillance and the ability to strike deep in enemy territory without putting any pilots into the battlefield.




RQ-170 センチネル    RQ-170 Sentinel
RQ-170 センチネル(Sentinel,監視者、歩哨などの意)はアメリカ空軍が採用している無人航空機。開発はロッキード・マーティン社のスカンクワークス。現在アフガニスタンに配備され、不屈の自由作戦に参加している。2009年12月4日にアメリカ空軍が公式に存在を認めるまでは存在そのものが隠されていたが、それ以前にアフガニスタンでRQ-170を目撃したジャーナリストからはカンダハールの野獣(Beast of Kandahar)と呼ばれていた。 また、ウサーマ・ビン・ラーディン殺害作戦の際の偵察活動にも使用されたとされる。2011年12月6日にイラン軍は「戦闘機・地上からの攻撃ではなく、電子的に侵入して奪った。損傷はほとんどない」という声明を発表し、鹵獲されたRQ-170を放映し、同12日、オバマ米大統領もそれを本物であると会見で認め正式に返還を求めた。

Nicknamed the Beast of Kandahar, this unmanned aerial vehicle is extensively used by the United States Air Force. Since 2007, the USAF has deployed Sentinels almost everywhere to assist them in their missions. While this is not the stealthiest of unmanned weapons around, experts suggest that its potential in surveillance, strike missions and electronic warfare is second to none!The Sentinel was also in the news recently when Iran allegedly captured one after it malfunctioned and crashed inside the nation's border!




MQ-9 リーパー    MQ-9 Reaper
英語で刈り手(刈取機)、(死神などの意)はジェネラル・アトミックス社製の軍用無人航空機。長い航続距離と高い監視能力および攻撃能力を持つハンターキラー無人機であり、原型となったMQ-1 プレデターよりも機体が大型化され、性能が大幅に向上している。現在、アメリカ空軍、アメリカ国土安全保障省、NASA等で運用されている。

Another American unmanned beast, this $10.5 million aircraft is currently being used by armed forces in five countries. This combat weapon has been most commonly used by the US in Afghanistan, Iraq and even inside Pakistan for targeted strikes. It can easily fly at over 50,000 feet while carrying a load of 1,400 kg, including missiles that can be launched with pin-point accuracy. With that capacity, it can cause a whole lot of destruction without the pilot even having to be in the same country. Talk about flying by wire!





    


source     ブログパーツ

0 件のコメント:

コメントを投稿