2012年2月17日金曜日

ロシア第5世代ジェット戦闘機 T-50 Russian Fifth-Generation Fighter Jet. INFOgraphics [Video]

T-50の仕様に関する信頼できる情報はまだ少ないが、アメリカのF-22に対抗するために高度なステルス性と、サトゥールンAL-41ターボファンエンジン(推力14.5t程度)2基の搭載によってアフターバーナー無しでのスーパークルーズの実現を目指していると伝えられる。また、Su-47と1.44の技術を取り入れていると言われている。ノズルは推力偏向式でそれぞれ左右に+-16度、上下に+-20度ずつ可動し、高い空中機動性を発揮するともいわれる。特徴としては、全遊動式の垂直尾翼、エアインテークの前方にあるストレーキが可動するといった点が見られる。

また、ロシア空軍などの関係者によると、機体には複数の空対地ミサイル、空対艦ミサイルを搭載でき、レーダーには1,500個の素子で構成され、首振り可能な構造にしたAESA(Active Electronically Scanned Array:アクティブ式電子走査アレイ)「N050」 (仮称)を組み込み、これは空中32目標同時捕捉、8目標同時交戦を可能にするとみられている。

その上多くのジェット戦闘機同様に機首にレーダーが内蔵されるだけでなく、テイルコーン内、主翼内縁部、機首側面部と主翼前縁外翼部等の複数個所にアクティブフェーズドアレイレーダーが搭載されるとみられ、これは対潜哨戒機等のような大型機はともかく戦闘機ではおそらく世界初の構造。

2010年1月29日に試作機の初飛行に成功。2010年6月にはプーチン首相がT-50を2016年に配備することを決定した。

Main performance characteristics of Sukhoi T-50 fighter jet and similar foreign aircraft








    


wikipedia      source      ブログパーツ

0 件のコメント:

コメントを投稿