2011年12月5日月曜日

インタビュー時に眠りに落ちてるハリー・ベラフォンテ爆睡で爆笑! Harry Belafonte Falls Asleep on Live TV Interview [Video]

大物歌手ハリー・ベラフォンテも、御年84歳である。彼がテレビインタビューを受ける直前に爆睡し、番組ホストらの呼びかけに応じることなく眠りこけるなんとも愛らしい姿がお茶の間に流れてしまった。

Harry Belafonte apparently needs to get to bed earlier. Or maybe he was just in some deep, transcendental meditative state. Either way, dude could not wake up for an interview with KBAK in Bakersfield, Calif., while ON THE AIR.




大ヒット曲『バナナ・ボート』で知られるハリー・ベラフォンテもかなりの高齢。心地いい椅子に腰をかければ思わず眠たくなるのも十分理解できるが、彼は自身の回顧録『My Song』のプロモーションにと予定されていたインタビュー直前に、こともあろうかカメラの前で爆睡するというミスを犯してしまった。

今回ベラフォンテとのインタビューに失敗したのはカリフォルニア州にあるテレビ局KBAK。遠隔地にいたと見られるベラフォンテは中継でインタビューに応じる予定だったが、番組ホストの1人が呼びかけるも反応なし。目を閉じたまま動かないベラフォンテの様子に視聴者らは一瞬「まさかベラフォンテが!」と不安を抱いたであろうが、彼はただ眠りこけているだけであった。
「ヤバイ、寝てる!!」
そう確信したアナウンサー、レイラ・サンティアゴさんは「ハリーさん、おはようございます!」と挨拶し、「起きてください。起きて!」などと必死に促すも、ベラフォンテはまさにgood sleep状態。他の番組ホストらも失笑するに終始したが、気転をきかせたレイラさんは「ハリーさんは今瞑想中です。」などと軽くジョークを言い、続けて「ハリーさんはちょっとお昼寝をしているところです。」とニコヤカに述べてみせた。
さらにレイラさんは「ハリーさんにはこちらからの音声が聞こえていないのだと思います。」と優しくフォローした上、「(インタビューできなくて)本当に残念です。私は昨日の晩ハリーさんの著書を読んでいたのですが、本当に素晴らしい本でしたよ。皆さんに心からお勧めしたいと思います。」などと本人に代わって著書の宣伝に大きく貢献してみせた。

The best part came as the news team, referencing his classic hit, “Day-O”, began cracking jokes such as “Guess daylight hasn’t come, man.” Awesome.
Later, Harry Belafonte’s rep, Ken Sunshine (yup, that’s his name, you can’t make this up), insisted he was in fact meditating through the satellite sit-down.
“After weeks of literally hundreds of interviews promoting his HBO documentary, memoir and CD, Mr. Belafonte had an early morning satellite TV tour.”
“True to form, there was a technical glitch. His earpiece wasn’t working, so he decided to take the time to meditate before the rest of his Day-O.”
Well played. “Maybe the world would be a better place if more people took a moment to meditate,” adds Mr. Sunshine. And to that, we ask: Was Harry …



Harry Belafonte - Day-O(The Banana Boat Song)


    


source    source

0 件のコメント:

コメントを投稿