2013年5月6日月曜日

アメリカ軍事用超音速無人機 X-51ウェーブライダー最終飛行試験 Boeing X-51A WaveRider Scramjet Hitting Mach 5.1 [Video]



2003年に研究を開始し、2005年にX-51と名づけられる。2006年にはアメリカ航空宇宙局のラン
グレー研究所でエンジンの地上燃焼試験を行う。 機体は、NB-52Hによって35,000フィート(10.キロメートル)上空まで運ばれ、そこから投下される。投下直後はATACMSから流用したロケットブースターでマッハ4.5まで加速し、その後スクラムジェットエンジンでマッハ6から7となる。このエンジンの燃料は、通常の炭化水素系のJP-7ジェット燃料である。機体は、無人機であるため小型であり、胴体後部がブースター部である。機体中央部(本体後部)に4枚、尾部(ブースター部端)に6枚の小型翼を持つ。インテイクは機体下面にある。

2013年5月1日には4回目で最後の飛行試験が行われ、マッハ5に到達し、試験は成功した模様。

The Boeing X-51 (also known as X-51 WaveRider) is an unmanned scramjet demonstration aircraft for hypersonic (Mach 6, approximately 4,000 miles per hour (6,400 km/h) at altitude) flight testing. It completed its first powered hypersonic flight on 26 May 2010. After two unsuccessful test flights, the X-51 completed a flight of 300 seconds and reached speeds of over Mach 5 on 1 May 2013 for the longest duration hypersonic flight. The X-51 is named "WaveRider" because it uses its shockwaves to add lift. The program is run as a cooperative effort of the United States Air Force, DARPA, NASA, Boeing, and Pratt & Whitney Rocketdyne. The program is managed by the Aerospace Systems Directorate within the United States Air Force Research Laboratory (AFRL). The X-51 had its first captive flight attached to a B-52 in December 2009.








      

source     wikipedia jp     wikipedia eng

0 件のコメント:

コメントを投稿