2011年11月26日土曜日

世紀のブロンド美女トップ5 Top 5 Blondes




5.クレオパトラ   Cleopatra

古代エジプトプトレマイオス朝最後のファラオである。父はプトレマイオス12世(アウレテス)、母はクレオパトラ5世であり、兄弟はベレニケ4世(姉)、アルシノエ4世(妹)、プトレマイオス13世、プトレマイオス14世(共に弟)が知られる。「クレオパトラ」の名はギリシャ語で「父の栄光」を意味する。
一般に「クレオパトラ」の名で知られる。「絶世の美女」として知られ、人をそらさない魅力的な話術と、小鳥のような美しい声であったと伝えられる。ただし、クレオパトラの肖像は治世当時、アントニウスが発行したとされている硬貨に横顔がのこされているのみであり、この評価は後世の作り話だとの説があるが、妹のアルシノエ4世の復元図から姉のクレオパトラも美しかったとの説もある。

The famous Egyptian pharaoh was a natural blonde originally from Macedonia. Her father, Alexander’s general Ptolemy was blonde. Historians record that seductive skills she owed not to beauty but intelligence. Successfully ruled a large country. With skillful tactics she managed to seduce Caesar and Marcus Antonius. She had excellent knowledge in the mathematics, chemistry, literature and philosophy. Her knowledge of poisons was famous far and wide. Marcus Antonius was so afraid of that talent so that even in the most intimate moments did not want to taste anything before tasters. On one occasion she poisoned the wine in her cup and told his lover to toast to their love. She took a first sip, so she forwarded it to her beloved. When Marcus Antonius wanted to drink, Cleopatra insisted that it first rehearsal taster. A few minutes later the poor man fell dead. Cleopatra had explained to terrified Antonius that the two were already drunk the antidote and the key thing in a relationship is trust, that he have to believe that she is so clever she can poison him whenever she wants.

4.ヒュパティア   Hypatia

テオン(著名な数学者と哲学者であった)の娘であり、ヒュパティアは400年頃アレクサンドリアの新プラトン主義哲学校の校長になった。彼女はプラトンやアリストテレスらについて講義を行ったという。そして、彼女の希に見る知的な才能と雄弁さや謙虚さと美しさは、多数の生徒を魅了した。キュレネのシュネシオス(その後410年頃にキレナイカ地方のプトレマイスの司教となる)との間で交わされた彼女への書簡のいくつかはまだ現存している。

数学と哲学の教えを、新プラトン主義の創始者プロティノス(205年- 270年頃)と新プラトン主義のシリアでの分派の創設者ランバリクス(250年- 330年頃)という2人の新プラトン主義者から受けた。『スーダ辞典』("Σοῦδα", "Suda" 『スイダス』とも。10世紀末の百科事典)によると、ヒュパティアはディオファントスが著した『算術』 ("Αριθμητικα", "Arithmetica") にも、ペルガのアポロニウス著の『コニクス』にも、そして、天文のカノン(おそらくはプトレマイオスの『アルマゲスト』)にも著述したという。彼女の父(テオン)の著した『アルマゲスト解説』第3巻にも彼女が加筆したとも伝えられる。『算術』の現存しているアラビア語版の一部として断片的に残っているが、現在これらの著述は失われている。

彼女のアストロラーベ(天体観測儀)とハイドロスコープ(液体比重計としてピエール・ド・フェルマーによって17世紀に確認された)の発明については、彼女に意見を聞いたシュネシオスの手紙の中で知られていることから、彼女が特に天文学と数学に専念したことを示している。また、彼女による哲学の著述も全く存在は知られていない。新プラトン主義の他の学校の教義より、彼女の哲学はより学術的で、その関心のためか科学的で神秘主義を廃し、しかも妥協しない点では、キリスト教徒からすると全く異端であった。それでも、「考えるあなたの権利を保有してください。なぜなら、まったく考えないことよりは誤ったことも考えてさえすれば良いのです」とか「真実として迷信を教えることは、とても恐ろしいことです」という彼女のものであると考えられている言動は、当時のキリスト教徒を激怒させた。その時すでに彼女は、キリスト教から見て神に対する冒涜と同一視された思想と学問の象徴とされたのである。これは、後にヒュパティアの運命を大きく変える。

The famous Alexandria’s mathematician and philosopher Hypatia also was a blonde. About her works on mathematics and astronomy Photius wrote with great respect. She has acquired excellent education from her father Theonas, mathematician and astronomer. Hypatia taught at Alexandria, and among her students was the Synasius, Bishop of Ptolemais, which had left the notes in which he would like to thank his professor for the support she has offered to design a silver astrolabe and the hydrometer. Hypatia’s life had have brutally ended. In her time Christianity became the official religion of the Roman empire, and this wise blonde was neoplatonic. Her philosophical views Christians had considered dangerous, so she was killed in 415.

3.アリエノール・ダキテーヌ   Eleanor of Aquitaine

アキテーヌ公ギヨーム10世の娘でアキテーヌ女公。トルバドゥールで知られるギヨーム9世は祖父。自身もベルナール・ド・ヴァンタドゥールら吟遊詩人を庇護して多くの文芸作品を誕生させ、洗練された宮廷文化をフランス、イングランドに広めた存在として知られる。はじめフランス王ルイ7世の王妃、次いでイングランド王ヘンリー2世の王妃。クレティアン・ド・トロワのパトロネスとして知られるマリー・ド・シャンパーニュ、イングランド王リチャード1世、ジョンらの母。中世盛期の西欧における最強・最富な女性の一人であった。
Aliénor(アリエノール)は南フランスのオック語の名前で、オイル語(フランス語)でEléanor d'Aquitaine(エレアノール・ダキテーヌ)とも呼ばれる。英語ではEleanor of Aquitaine(エレノア・オブ・アクイテインまたはエリナー・オブ・アクイテインなどと表記される)と呼ばれる。

Unlike many men and most women in those ages, Eleanor was a very educated. She read and spoke Latin, and well-known music and literature at the time when was considered quite sufficient that the girl knows how to do embroidery. She enjoyed horseback riding, falconry and hunting. She married Louis VII king of France. Eleanor decided to tame rude knights at the court of her husband. She gave the play humorous trials, where in the role of judges were ladies who were sitting in the stands and listen to the knights with long hair dressed in a flowing robe, to express admiration for the women, and royal rituals are performed. Her great love was her second husband Henry II founder of the English Plantagenet dynasty. She died at age of eighty. Both her sons were kings, and all the daughters were queens. Hence the nickname grandmother of Europe.

2.ルクレツィア・ボルジア   Lucrezia Borgia

ボルジア家には政敵が多かったため、ルクレツィアは父や兄と近親相姦を行っているという誹謗が生まれた。無論、根拠のある話ではない。19世紀に作られた歌劇「ルクレツィア・ボルジア」があるほか、ルクレツィアを題材にした小説なども多い。しかし実際のルクレツィアは慈善や福祉に生きた女性であり、領民達からも慕われていたという。一般には、ルクレツィアは父や兄の政権闘争に翻弄された悲劇の女性と言う印象が持たれている。しかしながら、要塞都市・スポレートの長官を務めた記録が残っている事から、実際には芯の強い女性だったようである。

Illegitimate daughter of Pope Alexander IV, she studied Latin and ancient Greek since early childhood, met with poetry, music and painting on porcelain. Her fantastic beauty harmoniously complemented with extensive knowledge and skill of conversation. Of course, Lucrezia was, in the spirit of her family tradition, excellent with poisons, but it would be unjustified to say that this knowledge is often used. Presumably, this woman was a best member of this diabolical family whose name puts fear into the nobles in Europe. Her blue ringlets in the history of the world’s most beautiful art were enrolled by Bartolomeo Veneto.

1.ルー・アンドレアス・ザロメ   Lou Salome

1880年、彼女は、チューリッヒ大学で宗教学、哲学、そして芸術史の勉強を始めた。1882年彼女は、パウル・レーと出会い、彼を介してフリードリッヒ・ニーチェと知り合う。ニーチェから求婚の申し出があるが、彼女はそれを拒絶した。のち彼女は同様にライナー・マリア・リルケからの求婚もやはり断っている。結局、彼女は1887年イラン学者のフリードリッヒ・カール・アンドレアスと結婚している。
彼女はベルリンでは、フリードリッヒスハーゲン・グループに近づき、当時の著名人たちの知遇を得る。たとえば、ゲアハルト・ハウプトマン、フランク・ヴェーデキント、ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ、アルトゥル・シュニッツラー、ヤコブ・ヴァッサーマン、などである。こうした特別の交友関係を通して、彼女はライナー・マリア・リルケと知り合い、彼とは2度ロシア旅行を共にしている。
1911年、彼女はワイマールで開催された国際精神分析会議に参加した後、フロイトの下で精神分析の知識を深めようとする。その後、彼女の夫がゲッティンゲン大学に招聘を受けたため、そのゲッティンゲンで彼女も精神分析の分析家として開業をする。彼女はゲッティンゲンで尿毒症により亡くなった。
彼女の広範囲にわたる学問的、文学的名著作は、20世紀後半に入って初めてその全体が収集、編集、校閲されて出版の運びにいたった。その文学作品や物語の中で、彼女は、伝統的な世界の中で自分自身の道を歩み始めようとした近代的な女性たちのさまざまな問題を取り上げている。

Born in St. Petersburg in 1861. from German father and Dane mother. This femme fatale have fascinated some of the greatest minds of that time. Lou even as a girl got a good education, a fundamental unusual for women of her time. Friedrich Nietzsche wasn’t hiding his delightning that Lou causes. She was his only love. Similarly thoughts also have and philosopher Paul Re, which has repeatedly offered a marriage. Rilke, blinded by love at the urging of her changing his name to Rainer. Leo Tolstoy and Sigmund Freud were her friends who loved to talk for hours with this intelligent blonde. Lou Salome wrote several collections of essays and novels, but her autobiography still inspires thousands of women around the world.

source

0 件のコメント:

コメントを投稿