2011年6月5日日曜日

武田邦彦教授、福島で見せた原発科学者の覚悟(動画)

武田邦彦教授は福島県郡山市のある小学校を訪ねました。福島第一原発の事故によって放射能汚染が懸念されるこの学校では郡山市長独自の判断で、校庭の表土除去が実行されました。
『表土を取り除けば放射線量は下がる』というアイデアは武田先生が自身のブログで提唱したもの。
果たして校庭の放射線量はどれぐらい下がったのか?また、取り去った汚染表土の処理をめぐる政府・東京電力の対応は?福島の人々は政府の発表をどのように受け止めているのか?(Youtube)








      

source

0 件のコメント:

コメントを投稿