2011年2月13日日曜日

X-メン: ファースト・クラス オフィシャル トレーラー ビデオ X-MEN : First Class Official Video Trailer Now Online

『X-メン: ファースト・クラス』(X-Men: First Class)は、2011年に公開予定のマシュー・ヴォーン監督によるアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミックの同名のキャラクターを描いた映画『X-メン』シリーズの5作目であり、1-3作目の前日譚である。北米での公開日は2011年6月3日を予定している。

映画シリーズ第1-3作目の前日譚であり、1960年代のジョン・F・ケネディ大統領時代のアメリカ合衆国が舞台で、キング牧師とマルコムXの歴史に沿った物語になる予定である。ヴィランはヘルファイア・クラブになる予定である。





『X-MEN:ファイナル ディシジョン』の公開前である2006年4月、脚本家のザック・ペンがスピンオフを監督する為に雇われていたことが明らかとなった。2007年、ペンは若いX-メンを描いたスピンオフのアイデアがあることを説明した。ペンはコミックシリーズ『X-メン: ファーストクラス』と考えを比較し、そしてジョッシュ・シュワルツが2008年5月には脚本を書いていた。シュワルツが『X-メン: ファーストクラス』を監督する可能性もあったが、しかし、フォックス側は2009年10月に『X-メン』と『X-MEN2』の監督のブライアン・シンガーに接近した。元々の考えでは『X-メン オリジンズ: マグニートー』が成功した場合に映画化許可が下りる予定だったが、結局シンガーはマグニートーのスピンオフの要素を加え、ジェイミー・モスによる新しいスクリプトに合併された。モスに加え、アシュリー・ミラーとザック・ステンツがリライトの為に雇われた。ミラーはシンガーが監督した2作品と比較した。2010年3月にシンガーはJack the Giant Killerの映画化の為に監督を降板し、製作者に留まることが決まった。2010年5月にマシュー・ヴォーンがシンガーの後任に決まった。同時にフォックスは2011年6月4日に公開すると発表し、リライトの為にジェーン・ゴールドマンが雇われた。ヴォーンは2009年の『スター・トレック』に倣い、新鮮で若いキャストを使った新シリーズを目指した。ミュータントたちが心理的世界で戦う際に部屋の中をスピンするシーンが脚本にあったが、2010年7月に『インセプション』が公開されるとそれは削除された。1960年代のX-メンの設定はジェームズ・ボンド映画の影響を受け、また、キャラクターは国際感を増している。

X-Men: First Class - Official Trailer



wikipedia
  

0 件のコメント:

コメントを投稿